コロナからの復興企画~関西演劇を広める、広げる

関西えんげき大賞

関西発の公演 兵庫県立ピッコロ劇団第78回公演/ピッコロシアタープロデュース「ロボット-RUR-」 VIEW:116 UPDATE 2023.12.27

作=カレル・チャペック
翻訳=田才益夫
演出=高橋正徳(文学座)

1920年、この戯曲から、「ロボット」という言葉が生まれた。
これは、遠い過去か、迫る未来か―

ピッコロ劇団×高橋正徳(文学座)×関西俳優陣でおくる、ピッコロシアタープロデュース第15弾!

ロッサムズ・ユニヴァーサル・ロボッツ(RUR)社のロボット工場がある孤島。大統領の娘・ヘレナが来訪する。社長のドミンはヘレナにすっかり魅了され、ロッサム社幹部の男たちも彼女を歓迎する。だがヘレナの目的は、ロボットを人間同様に扱うよう求めることだった。ドミンらは彼女の主張を笑い飛ばし、ロボットには感情がないこと、人間がロボットによって労働から解放されることを語る―

■公演日
2024年2月
23日(金・祝)19:00〜
24日(土)11:00〜、16:00〜
25日(日)11:00〜、16:00〜

■会場
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
(兵庫県西宮市高松町2-22)

■出演
【ピッコロ劇団】森好文、風太郎、岡田力、今仲ひろし、浜崎大介、野秋裕香、三坂賢二郎、木村美憂、有川理沙、谷口遼、岡島大祐、木下鮎美
【関西俳優陣】小林輝里花、髙瀬海帆、辻智之、森島隆博、森田学

パフォーマーの紹介

兵庫県立ピッコロ劇団

1994年に初めての県立劇団として創立。劇場〈ピッコロシアター〉に附属するプロ劇団〈ピッコロ劇団〉は全国的にもめずらしく、劇場と劇団が一体となって、国内外における質の高い公演活動はもちろん、学校教育や地域づくりに貢献するための演劇指導・普及活動にも積極的に取り組んでいます。
≪劇団代表 岩松 了(劇作家・演出家・俳優)≫