コロナからの復興企画~関西演劇を広める、広げる

関西えんげき大賞

関西発の公演 企画:劇団未来 大阪劇団協議会プロデュース公演「白き恋人たち」 VIEW:78 UPDATE 2024.01.11

私ども劇団未来はこの度、毎年開催しております「大阪劇団協議会プロデュース公演」に11年ぶりに企画として携わることになり、2024年2月23日(金・祝)から3日間、「吹田市文化会館メイシアター中ホール」にて『白き恋人たち』を上演いたします。
作家は「梅子の梅根性」(2023年5月)を執筆いただきました南出謙吾、今回も与謝野晶子を題材に初演書下し作品となります。当時一斉を風靡したロマン派「与謝野鉄幹」を恋い慕う「与謝野晶子」とその家族、その他文豪らの人間模様を描いた作品に出来上がりました。男と女の愛憎劇に加えて、いつもの劇団未来公演では見ることができない大阪劇団協議会の俳優たちとの共演も見どころです。
皆々様お誘いあわせの上、是非ともご観劇にお越しくださいますようお願い申し上げます。

■公演日
2024年2月
23日(金・祝)11:00~、16:00~
24日(土)11:00~、16:00~
25日(日)13:00~

■会場
吹田市文化会館メイシアター 中ホール
(大阪府吹田市泉町2-29-1)

パフォーマーの紹介

劇団未来(げきだんみらい)

関西 大阪野江にある、働きながら演劇をつくりひろめる集団。
昭和37年(1962年)9月に「大阪演劇教室研究会」「現代座」「新生会」の3劇団が合併して創設。以降、大阪を題材とした創作劇を中心として公演活動に取り組んでいる。