コロナからの復興企画~関西演劇を広める、広げる

関西えんげき大賞

関西発の公演 無名劇団20周年記念公演「プラズマ再臨」 VIEW:202 UPDATE 2022.06.03

「全てを燃やして、ただ君と落ちていく。」
かつての劇団の代表作が、大幅リメイクでよみがえる。
こんな時代こそ届けたい、残酷で優しい真夏の世の夢。

この作品は15年前のテアトロ新人戯曲賞佳作受賞作である。
挫折し孤立した青年が引き起こす犯罪と再生を描く物語であるが、現代はコロナ禍 でもあり、当時よりも一層分断・孤立が進む社会となっている。
知らない誰かの痛みは所詮「他人ごと」、自分の物差しで他者を 評価する無責任な言葉がSNSなどで過剰に拡散・増幅され、それによって追い 詰められる人の問題は後を絶たない。このような現代社会の諸問題も意識して脚色し、新演出で上演する。
中條岳青の受賞作を、人の痛みに寄り添う「私戯曲シリーズ」を手掛ける島原夏海が、現代社会の視点から再構築し、エンターテインメント性のある魅せる演出で、幅広い観客層に楽しんでもらえる作品とする。

神戸

■公演日
2022年8月
19日(金)19:30
20日(土)11:30 / 15:30
21日(日)11:30 / 15:30

■会場
神戸三宮シアター・エートー

東京

2022年9月
14日(水)19:00
15日(木)19:00
16日(金)15:00 / 19:00
17日(土)15:00 / 19:00
18日(日)12:00

■会場
萬劇場


パフォーマーの紹介

無名劇団

2002年旗揚げ。2009年に一時休団後、2014年に20代女性を中心に再始動。 近代文学をベースに現代を投影する「無名稿シリーズ」と、母娘問題やグリーフケアなど私的体験をテーマにする「私戯曲シリーズ」の 異なる2つの上演形態を持つ。應典院舞台芸術space×drama2015 優秀劇団選出、 平成29年度アイホール 次世代応援企画break a leg選出、 ほか、多数の受賞歴を持つ。