コロナからの復興企画~関西演劇を広める、広げる

関西えんげき大賞

関西えんげき大賞 年間ベストステージ(作品賞)の表彰

目的
関西演劇を広める、広げる。
関西演劇界の観客と関係者の層を厚くすることを目指し、関西演劇の魅力を広く発信する。
受賞対象作品
関西の劇団及び関西発のプロデュース公演。関西2府4県での公演。
選考方法
毎年1月から12月の舞台を対象に、12月25日頃に選考会。翌年2月に授賞式。
第1回開催
2022年1月から12月の舞台を対象に、2023年2月、授賞式。その後、年1回開催。

選考手順

  1. 選考委員8名で、年間ベスト10作を選考
    (その時点で、10団体の優秀賞受賞決定)

  2. 投票委員約30~40名が、10作の中から1番と思うものに〇をつける

  3. さらに、観客にネット投票して頂く

    ※観客投票の初年度目標は50人以上。次年度以降はさらなる増加目標。観客投票者は、事前登録制にする。そのことにより公平性を担保する(たまたま年に1本だけ観た人の投票は、公平性を欠くので、それがないようにする)。

  4. 投票委員と観客投票の総合で、ベストワンの最優秀作品賞を選出

  5. 授賞式で、優秀賞10団体を表彰。さらに授賞式会場で「最優秀作品賞」と
    「観客投票ベストワン賞」を発表、表彰。

    授賞式はYouTubeでリアル発信

    ※観客ネット投票は「紅白歌合戦」の視聴者投票のイメージ。投票委員のほうが、配点が高くて大変恐縮ですが、「観客投票ベストワン賞」も表彰させて頂きますので、ふるってご参加くださいませ。

正賞と副賞

  • 正賞は賞状。
  • 副賞は、受賞10作品の再演支援として、協力劇場の減免(最優秀の減免を最も高く)。―副賞権利の執行は任意―

※名作を再演し、世に広めていくことは必要・有効と思われる。「受賞記念」公演と銘打たれると、話題性にもつながるのではないか。
※再演協力劇場は、大阪市の一心寺シアター倶楽、大阪市のウイングフィールド、京都市のTHEATRE E9 KYOTO、東京都目黒区のこまばアゴラ劇場、兵庫県豊岡市の豊岡演劇祭(様々な劇場)ほか。

選考委員

  • 梅山いつき(近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻准教授・演劇研究者)
  • 岡田蕗子(大阪大学招へい研究員・演劇研究者)
  • 加美幸伸(DOVES LLC.代表/FM COCOLO765 DJ)
  • 九鬼葉子(大阪芸術大学短期大学部メディア・芸術学科教授・演劇評論家)
  • 上念省三(舞台芸術評論家・西宮市文化振興課アドバイザー)
  • 武田浩治(MBSライブエンターテインメント 専務取締役)
  • 畑律江(毎日新聞大阪本社 学芸部専門編集委員)
  • 広瀬依子(追手門学院大学講師)

投票委員

新聞社の演劇記者、演劇評論家、演劇学者、演劇研究者、アナウンサー、演劇教育者、文化支援者、元・劇場関係者など。