コロナからの復興企画~関西演劇を広める、広げる

関西えんげき大賞

呼びかけ人紹介 梅山いつき

梅山いつき

近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻准教授
演劇研究者

1981年、新潟県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。演劇博物館で現代演劇に関する企画展を手がけ、現在、近畿大学准教授。アングラ演劇をめぐる研究や、野外演劇集団にスポットを当てたフィールドワークを展開している。著書に『佐藤信と「運動」の演劇』(作品社、第26回AICT演劇評論賞受賞)、『アングラ演劇論』(作品社、第18回AICT演劇評論賞受賞)、『60年代演劇再考』(岡室美奈子との共編著、水声社)など。

梅山いつき

梅山いつきの執筆記事

  • マクベス 釜と剣 UPDATE 2021.11.25

    シェイクスピア四大悲劇に挑戦 数々の古典作品の上演に挑んできたエイチエムピー・シアターカンパニーが新たにシェイクスピアシリーズを開始した。その第一弾に選ばれたのは四大悲劇の一つ『マクベス』だ(11月5日、兵庫県伊丹市のアイホールで所見、シェイクスピア原作、くるみざわしん作、笠井友仁演出・舞台美術)。魔女の予言に唆されたマクベスが主人であるスコットランド王ダンカンを暗殺する。だが、王座に就いたのも...

  • Coming soon