コロナからの復興企画~関西演劇を広める、広げる

関西えんげき大賞

関西発の公演 兵庫県立ピッコロ劇団オフシアターVol.40『パレードを待ちながら』 VIEW:94 UPDATE 2024.01.31

作=ジョン・マレル 訳=吉原豊司 演出=中島深志(ピッコロ劇団)

第二次世界大戦末期、カナダ・カルガリー
名誉に駆られ意気揚々と戦地ヨーロッパに旅立った男たちを見送って、
国に残された女たちは、うだつが上がらない奉仕活動や非常訓練に勤しんでいる。
やがて、長引く戦争はそれぞれの夫たちや家族、そして在りし日の生活の姿を見失わせていく…

1977年初演、カナダ国内のみならず、世界中で上演を重ねる名作。
終わらない戦争、戻らない家族―
それでも生きて待ち続ける、女たちの6年間の生活劇。

■公演日
2024年4月
12日(金)18:30〜
13日(土)11:00〜、16:00〜
14日(日)11:00〜、16:00〜
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※チケットのご精算・お渡しはすべて当日

■会場
ピッコロシアター 中ホール
(兵庫県尼崎市南塚口町3丁目17-8)

■出演
吉江麻樹 木村美憂 木之下由香 鈴木あぐり 有川理沙

■料金
2,500円(整理番号付き自由席)

■問合せ・チケットご予約
ピッコロ劇団 06-6426-8088


パフォーマーの紹介

兵庫県立ピッコロ劇団

1994年に初めての県立劇団として創立。劇場〈ピッコロシアター〉に附属するプロ劇団〈ピッコロ劇団〉は全国的にもめずらしく、劇場と劇団が一体となって、国内外における質の高い公演活動はもちろん、学校教育や地域づくりに貢献するための演劇指導・普及活動にも積極的に取り組んでいます。
≪劇団代表 岩松 了(劇作家・演出家・俳優)≫